コンテンツへスキップ

ゼニカルで痩せるメカニズム

ゼニカルで痩せるメカニズム

ダイエット薬として処方されているゼニカルは、どのようにして痩せるのでしょうか?

ゼニカルの仕組みは、脂肪の吸収を阻害することにあります。

脂肪は、合計4種類あります。

中性脂肪、コレステロール、脂肪酸、リン脂質です。

中性脂肪は、もっとも太る原因です。

エネルギー源として貯蓄されるものの、中性脂肪は、蓄積されて脂肪になります。

ゼニカルの主成分・オルスタリットは、中性脂肪の吸収を防ぎます。

さらに、脂肪を便とともに排泄するのです。

もっとも、全ての脂肪を防ぐわけではありません。

全体の脂肪のおよそ30パーセントに限ります。

しかし、服用するだけでダイエット効果があるのは事実です。

そのため、無理せずダイエットができます。

ただし、これらの効果が発揮されるには個人差があります。

なおかつ、用量を正しく守る必要があるのです。

即効性があるため、大量に服用しても効果が現れないので、注意しましょう。

テレビでも紹介されたゼニカルを使ったダイエット

ゼニカルが国内で有名になったきっかけは、人気テレビ番組に出演した美肌研究家の森智恵子先生が紹介したことです。

そこで「痩せる薬」のイメージが定着しました。

以来、ダイエットに関わる業界や人々から注目されています。

ゼニカルを用いたダイエット法は、ただ服用するだけなのです。

それ以外に特別な事をする必要はなく、いつも通りに過ごせます。

飲み方は、毎日3回、食事1回につき1錠服用します。

服用するタイミングは、食事中です。

ラーメンや餃子といった、脂肪分が多い料理を口にすると良いでしょう。

これさえ守れば、効果は発揮されます。

ただし、妊婦や持病、肝臓と腎臓などに障害を抱えている人は、服用できません。

ゼニカルは、便秘といった薬自体の副作用や、急激なダイエット効果による立ち眩みなども確認されています。

違和感を感じたら、服用を避けるなどしましょう。